運命の人 1 山崎豊子

田舎のボンボン新聞記者の男。九州の青果店の一人息子。都会に出てきて学者の娘と結婚。仕事も家庭も順調に進んできている。 国家機密政治記者としても脂がのってきている。新聞社の期待のホープ。大臣たちにも顔と名前を覚えてもらった。そして、生まれ持った容姿と恵まれた家庭環境で培った性格。国家機密のスクープをかぎつける。 禁じ手外務省事務官の女と知り合いになる。互いに家庭のある身。仕事からお互いにひかれ…

続きを読む

町長選挙 アンポンマン 奥田英朗

合理化仕事の合理化。人生の合理化。そして、時代の寵児になった男。合理化をつき進めた挙句、ひらがなが書けなくなった。 生き急ぐ男負けず嫌い。そして、時間をかける値打ちがあるかどうかを判断する。全てを自分で把握して計画を立てて実行する。それは、人に驕りがあると受け取られる。そんなことを気にすることも無駄な時間。 必要な無駄人は、思っているほど合理的にできていない。無駄な部分が人間味がある。そ…

続きを読む

噂の女 奥田英朗

地味な女クラスにいる地味な女。名前を聞けば思い出すけど話したこともその人との思い出もない。そんなクラスメートと社会に出て会うことになる。女は、派手な女へと豹変していた。 そこにいる女田舎の事件やいざこざ。しがらみが多いからこそ起こる。そこに必ずと言っていいほど絡んでいる女。田舎は世間が狭い。だから、すぐに知れ渡る。 田舎の女田舎の女。男尊女卑がまかり通る社会。田舎にいる限りヤンキーも地味な生…

続きを読む