シャイロックの子供たち歯車じゃない 池井戸潤 

銀行員になる。昔は、裕福な家庭ではなかった。むしろそれが当たり前だった。だから、たたき上げの人も出てきた。副支店長まで上り詰めた男もその一人。 銀行の世界に染まる高卒の自分もここまで来た。家庭も順調。息子たちも自分にない学歴を身に着けつつある。 コンプレックスの裏返し大学での若手。支店の売り上げよりも自らの理論を優先する。そんな若造を殴った。それはただのコンプレックス?それともうしろめたさ?…

続きを読む

南極に行った男小説白瀬南極探検隊 立松和平

南極へ行く地球にはまだ未開の地があるそして、未到達の地がある。そこに行く意味はあるのか?国の名誉のため。国土を広げるため。資源を得るため。 南極まで行くのに一苦労南極に行くために赤道を通る。寒さに強い犬や人も暑さには苦しむ。 進む勇気退避する勇気360度どこまで進んでも変わらない風景自分がどの方向に進んでいるのか?わからなくなることがある。そして、たどり着く先は ぜひ読んでみてください。

続きを読む

真夜中のマーチ 奥田英朗 

出会いは偶然名前負けしているサラリーマン出会いを求めて婚活御曹司と間違えられたそして、悪い男に目を付けられる 自分の生き方なんとなくから自分の人生を考える。悪の道に踏み込みつつかけがえのない仲間を得る 新しい生き方踏み出すきっかけは偶然と突然。仲間を組んだ三人も一仕事を終えて新しい人生のスタート ぜひ読んでみてください。

続きを読む